まとめ

 いろいろな理由があって墓じまいを考えるかたが増えてきています。しかし、お墓には亡くなったご先祖様の霊が宿っているという考え方が一般的ですし、またご遺骨を自分で勝手に移動したり、埋葬することは法律で禁じられています。

 はじめにお話ししたとおり、墓じまいとはお墓を移すことによって、大切なご先祖様の魂を末永く供養し続けるためのものであり、無縁仏にしたくない、もっと近くにいてほしいなどの、みなさまのご先祖様を敬うお気持ちが大切になります。

 墓じまいのながれは、ご紹介したように閉眼供養をする、ご遺骨を今のお墓から新しいお墓に移す、そのための許可を取るなど比較的かんたんに見えてしまいますが、何よりもご家族のかた、ご親戚、そしてお寺様などとよくご相談をして、考え方をお伝えし、みなさまのお気持ちに行き違いがないように心を砕かれる必要があります。

  

 わたくしども行政書士は、改葬許可申請のお手伝いもいたしますし、みなさまのお心に寄りそって、いろいろなアドバイスを差し上げることもできます。墓じまいをつつがなくすすめ、みなさまが幸せになられますよう、ぜひ一度ご相談いただけますようお願いいたします。

 ↓お問い合わせはこちらからどうぞ

 お問い合わせはこちらから